体にとってこまめな水分補給は重要です。人間の体は運動している時だけ汗をかいてるのではなく、常時汗をかいています。夜寝ている間でもコップ1杯程の汗をかいているといわれています。暖房が効いた部屋にいたり入浴するとかなりの汗をかきます。発汗や尿などで体内から失われ続けるため意識して水を飲む必要があります。


 

水分を補給する時に一度にたくさん飲むのではなく、少しずつ数回に分けて飲むことが体に優しい飲み方です。体内に必要な分があると新陳代謝が向上して老廃物がスムーズに体外へ排出されて、細胞にも水が行き渡りみずみずしい肌になっていきます。

1日のうちで水を飲むタイミングは、朝起きてすぐ、食事の時、入浴中、入浴の前後、運動中などがあります。入浴は最もリラックス効果があり発汗作用も活発になります。約40℃のお風呂に10分ほど入ることで約500CCの水分が発汗作用によって失われて血液に水が不足してドロドロになるといわれています。ですので、補給しながらお風呂に入ることで血液の流れをスムーズにして新陳代謝をアップするというメリットがあります。

お風呂はぬるま湯の半身浴がおすすめで30~40分浸かることがベストです。常温の水を入れたペットボトルなどを持って入浴することで、体内の水分を十分に補うことができます。

運動した後には、発汗で失われた分だけ水分補給をすれば理想的です。ところが、多くの人は発汗の量まで正確に計測できないものです。個人差がありますが、人間が1日に必要とする水分量は2リットルから3リットルほどです。発汗が多めであれば、意識的に多くの水分補給をすれば脱水症状を予防できます。

人間の体は6割から7割ほどが水分で構成され、生体の保持に欠かせない要素となっています。漢方的には陰に属し、津液とも呼ばれるものです。過度に摂取するとむくみの症状を引き起こすことがありますが、運動をしっかりとして発汗できれば大丈夫です。発汗の量は人によっても違いますが、多くの人は水分補給のための量を経験的に把握しています。


 

水分補給とともに大切なのは、塩分などのミネラルも補給することです。塩がなくなれば米がなくなるよりも辛いとされるのは戦国時代の教訓であり、現代人も見習う必要があります。大切なことには、ビールなどの利尿作用が強い飲み物は駄目ということです。カフェインが少ない飲料を飲んで、栄養と一緒に水分を吸収することが大切です。水の量が多すぎるほどに飲めば、体が拒否反応を起こします。そのため、喉の渇きを癒やす程度にすることが大切です。

人間は暑い時はもちろん、寒い時期でもコップ1~2杯分の汗をかくと言われています。

なるべく夜起きてトイレに行きたくないから、水分は取らないようするという人もいますが、睡眠中は汗をかくことで血液中の水分が少なくなり、ドロドロな状態になりやすく、また血栓ができやすくなり、起きてから心筋梗塞や脳梗塞などを起こしやすく状態となるのです。

しかし、寝る前と起きた後にただ水を飲めばいいわけではありません。


 

夏場などは暑いからと冷たい水を飲んでしまいがちですが、冷たい水は刺激が強く冷えから夜中のトイレが近くなってしまう原因ともなりますので、体温に近い、30~40度位のぬるめのお湯を飲むことが理想的です。

また、水分をしっかり取ってから眠って熟睡すると血流が良くなり、体から出る成長ホルモンの分泌も良くなるため、疲労回復につながることと、代謝が良くなり痩せやすい体作りもサポートしてくれます。

特に、アルコールを飲んだときは、アルコール自体に利尿作用があるせいで水分が体から出て行ってしまうため、アルコールを飲んだ日は特に水分を多めに取るように心がけましょう。

病気の予防にもダイエットにも寝る前と起きた後の水分補給は効果的ですので、心がけて取るようにしましょう。

 

汗をかく季節には水分補給がとても重要です。しかし、汗をかく季節ではなくても私達の体からは、一日に約2リットルの水分が自然に出ていきます。大人の体の60%は水で出来ており、汗をかいて体温を調節したり、栄養を体の隅々に運ぶ為使われています。ですから出ていってしまう量を少なくても補給して健康を保つ必要があります。


汗をかかなくても必ず出ていく一日の量の内訳をみていきましょう。私達は呼吸するだけでも1リットル出しており、残りは尿や便と一緒に排出されています。つまり、一日に食事と飲料水で最低限2リットルは摂る必要があります。一度に大量補給すると体に負担がかかり胃腸のトラブルや体に倦怠感がでることがありますからやめて下さい。メニューにもよりますが、普通の食事で摂れるのは0.5リットル程度と考えられています。残りの1.5リットルを数回に分けて摂るのが理想的です。コップ1杯を朝起きた時、食事の時、運動をした時、お風呂に入った時、寝る前に飲むようにすると無理なく摂る事ができます。運動している途中も必要に応じて摂るようにして下さい。気温が高くなると汗となって出ていきますので、少なくても2リットルは補給するようにしましょう。

美容のために生活に取り入れたいのが、積極的な水の摂取です。
体の半分以上は水でできており、それが保たれることで美容や健康が維持できるのです。
しかし汗をかいたり尿を出したりすることで、減少してきてしまいます。
足りなくなればスムーズに代謝が行われなくなり、体内の老廃物を流す水分の不足や脂肪燃焼の滞りなど様々な弊害が出るようになります。
この状態を解消するには、足りないものを補ってあげればいいわけです。
とはいえ、砂糖入りのジュースでは肥満が心配ですし、コーヒーやお茶などカフェインが含まれる飲料は利尿作用ですぐ体外へ出てしまいます。
最適なのは、常温で飲みやすい普通の水です。


季節によっては冷たい水を飲みたくなりますが、体の冷えにつながると、むくみや下痢などの原因になりやすいです。
その点常温の水ならば体温を保ちつつ代謝をアップさせるほか、体内のめぐりもよくなります。
また、腸が刺激されることで便秘が解消されれば、デトックスできて肌荒れも改善されてきます。
飲むタイミングは特に決まっていませんが、朝起きたときと寝る前のほか、それぞれの食事の前、おやつの時間、運動や入浴の前後など、ライフスタイルに合わせ分けて摂取するのがおすすめです。
よくお酒を飲む人は、体から水分が失われやすいため、お酒を飲んだあとにも水分補給が大切です。

運動したり、気温が高い時には汗をかくので水を飲む事はとても大切です。私達は体重の2%の水分を失うと食欲不振や倦怠感を感じるようになり、熱中症を引き起こす可能性があります。また、特別汗をかかない日常生活においても私達の体からは出ていくので、不足しないようにこまめに飲む必要があります。1日に体から自然に出ていく量は約2リットルで、ペットボトル1本分とイメージして下さい。食事から摂れる水分量を除いた1.5リットル程度をコップ1杯で数回ずつ摂ることが重要です。一度に大量を飲むと体内のナトリウム濃度が一気に低下してしまいます。


体や胃腸に負担がかかるだけでなく死亡する場合がありますので注意して下さい。水分を数回に分けて摂る必要があるので飲むタイミングも重要です。まず、朝起きた時にコップ1杯分を飲みます。寝ている間にも体からは水分が出ていき血液中のミネラル濃度が高くなっています。ナトリウムやカルシウム、マグネシウム等が成分のミネラルは体の臓器の働きを助ける働きをしていますが、バランスが崩れると様々な弊害が体に出てしまいます。ですから、ミネラル濃度が高くなる朝の1杯はとても大切です。また、就寝中のミネラル濃度が高くならないように寝る前にも1杯飲むようにしましょう。この他にはお風呂に入った後、食事の前にもそれぞれ1杯ずつ飲むタイミングを掴んでいくと1日の量を不足することなく摂る事が出来ます。

食事中に水を飲むのがNGな理由は、胃液が薄くなってしまうために消化が悪くなってしまうためです。食べた物は消化することが必要です。消化するためには、ある程度の水分が必要ですが、あまりに大量になると胃液が薄くなってしまうために効率よく消化することができなくなります。そのため、適量に止めることが必要となります。


食前や食事中に水を飲むことで満腹感が得られて食べ過ぎを防止できるようなイメージがありますが、そのような目的で水を飲むのであれば、食前にコップ1杯程度で十分です。消化が悪くなることはもちろん、食事中に水を飲むと咀嚼の回数が減ってしまいます。咀嚼の回数が減ると満腹感を得るまでに時間がかかってしまいますので、食べている最中に水を飲んでもダイエットの効果を得るのは難しいです。
食事中に水分をとるのであれば、汁物が望ましいです。水お茶については、食前や食後などにしたほうが安心です。一気に大量に飲むのは、食事のときに限らず、よくありません。食事に関係なく、水分補給はこまめに行うことが基本です。ダイエットの効果を狙って水を飲むのであれば、食事をする三十分以上前に飲んでおくほうが消化に負担もかけませんので無理がありません。

代謝とは、生命維持のために必要なものを身体に取り込んで、かわりに要らないものを体外に排出することです。食べ物を摂取した際の消化、吸収、排泄や、細胞の生まれ変わり、脂肪燃焼によってエネルギーを生み出すことなどがこの一例として挙げることができます。脂肪燃焼によるエネルギー消費は、個人の意思によって、運動を行ったりすることで叶えることも可能です。しかし細胞の生まれ変わりなどは個人の意思ではどうすることもできないことであり、こうした領域で行われているものは基礎代謝と呼ばれます。


身体を動かしていなくてもエネルギー消費が行われているわけですから、この基礎代謝を上げることが、ダイエットを効率よく行う上でのポイントとも言えます。そのために欠かすことができないのが、水の存在です。水を飲むと、体温は下がります。人間の身体には、変化に対して一定の状態を保とうと言う機能が備わっており、これは体温にも作用します。下がった体温を元に戻すために、エネルギーが消費され、それにより基礎代謝量が増えると言うわけです。また食べ物や飲み物を摂取すると言うことは、実は非常にエネルギーを必要とすることです。ですからこまめに水を飲むことは、こまめにエネルギーを消費することにもつながります。水はカロリーがありませんから、摂取カロリー面での心配も不要です。そして水分摂取には、血流促進効果もあります。そのことで全身の血の巡りが良くなり、細胞が活性化されることで基礎代謝が上昇すると言うのも理由として挙げられます。一度に多量の水を飲むのではなく、こまめに少量の水を飲むのがポイントです。

水を積極的に飲む事で、美容や健康に様々なメリットを得られる事になります。
そのひとつが、ダイエット効果です。
水を飲んだ後は、一時的に体温が下がる事になります。
体温が下がると、体は体温を取り戻す為の活動を始め、それにより基礎代謝が上がりやすい状態を作る事になります。


基礎代謝が上がると、体は痩せやすく太りにくい状態へと変わっていきます。
更に、水をよく飲んでいると、それだけで満腹感が高まり、食欲を抑える事が出来ます。
ですから、食事の前に水を飲むようにするだけでも、食べ過ぎを防ぐ事が出来ます。
更に、体の中に溜まった老廃物や毒素は、尿や汗によって体外に排出されていく事になります。
その為には、水分補給が重要で、水分をしっかりと摂取すれば、それにより高いデトックス効果を期待できるようになります。
それにより、体の内側から美しい状態へと変わっていく事になります。
更に、良い水を摂取するようにすれば、それだけ綺麗な細胞が作られやすい状態となり、肌の透明感が高まる事になります。
ですから、綺麗な肌を目指す人も、しっかりと水を飲むようにしておく事がお勧めです。
日常的に水を飲むようにしておく事で、こうした様々なメリットを得られる事になります。

水を飲むということは健康のためにも、美容のためにもとても重要なことです。
飲み方としては、冷蔵庫などで冷たく冷やしたものを飲むよりも、常温で少しぬるいくらいのものを飲むことをおすすめします。


af9920062435l
これから夏が本格化していく中で冷たく冷えたものを飲みたいという方も多くいらっしゃると思いますが、冷たいものを飲みすぎると内臓の機能を低下させてしまう場合があるので注意しましょう。
寝る前にコップ一杯分を枕元に用意しておくと、寝苦しくて起きてしまった時にも飲むことができますし、寝汗をかいた場合にも水分補給ができるのでおすすめです。
また、朝起きた時に飲むことで代謝を良くする効果もあり、美容に役立ちます。
これからの時期、暑くなっていって脱水症状が起こる場合もありえます。症状が発生してしまうと美容の面でも悪影響があるので対策が必要です。
そのような場合、ひとつまみ程度の塩を混ぜて飲むことがおすすめです。
汗で失われた塩分も補給することもできますし、もしも水の味に飽きてしまったという場合にも味を変えるという目的でも非常に効果的です。
そのときそのときにあった飲み方を実践し、水のチカラでぜひ美しくなっていってくださいね。