モデルさんは1日に、大量のミネラルウォーターなどを摂取するといいます。これは美容と健康のためでもあり、体内の代謝を上げる効果があるためです。ダイエットにも効果的と言われています。水を飲んで代謝をよくすることで、エネルギーの消費も良くなっていきますから、カロリーの消費量も増えることになります。

水分をたくさん飲むことで、体温は下がりますが、その変化への対処として、体温を維持しようと昨日が働きます。低下した体の温度を戻そうとするわけです。それにはエネルギーを使うことになるため、基礎代謝が上がっていくことにもつながります。ただし、むやみに大量に飲むのではなく、考えて摂取するのも大事です。市販のミネラルウォーターを購入すrなら、自分が飲みやすい水を選び、楽しみながら飲むと良いでしょう。

極端に大量の水分を摂取するのではなく、1日のなかで数回に分けて、こまめに摂取するのがポイントです。食事の時にがぶ飲みするのは避けましょう。朝目覚めてから、夜眠るまでのあいだ、その日の活動をしているあいだに、こまめな摂取をするのが理想的です。一気に大量を摂取すると、低ナトリウム血症になることもあるので気をつけましょう。

カリウムという物質をご存知でしょうか?
おそらく学生時代の化学の時間で聞いたことのある方、習った方も多いのではないでしょうか。
カリウムには利尿作用があり、体内に溜まった老廃物を尿として体外に排出することを促してくれます。
体内に溜まった老廃物を排出することで、むくみの解消につながります。
そんなカリウムですが、どんな食品に多く含まれているのかというと、植物・海藻由来の食品に多く含まれています。
具体的に例を挙げていくと、さつまいも、じゃがいも、ほうれん草、枝豆、大豆(大豆を使った納豆や豆腐も含みます)、わかめ、ひじき、キウイ、バナナなどに多く含まれています。
そんな中でもこれからの暑くなってくる時期に食べると美味しい、とある食品がカリウムを摂取するのに向いています。
それはスイカです。
含有量でいうとバナナやキウイの方が多く含まれているのですが、スイカは一度に食べる量がバナナやキウイに比べて多いことがほとんどだと思います。
それにスイカは大量の水分を含んでいるので、これからの暑くなってくる時期に水分補給をすることもできます。
上記のように比較的多くの植物、海藻由来の食品にカリウムが含まれているので、買い物の際にも意識してみるといいのではないしょうか。

PMSとは、生理が始める3~10日前くらいにホルモンバランスが乱れることによって体や精神面に様々な不調を引き起こす症状のことを指します。

症状は、まったく何も変化がないという人から、倦怠感やイライラ、腹痛、肌荒れやニキビなどの肌トラブルを起こす人まで様々で、人によって重かったり軽かったりします。

低用量ピルなどを服用することで改善することもありますが、特に食生活でビタミンB群やミネラルを摂るように心がけると体に良い作用があると言われています。

さんまやかつお、バナナやにんにくなどに含まれるビタミンB6は、女性ホルモンを活性化させ、幸せ物質であるセロトニンなどの神経伝達物質の合成に関係があるため、PMSの改善にもつながっていきます。

ビタミンB2はニキビや肌荒れの改善につながり、ビタミン12も貧血気味な人や眠気を改善するのに有効です。
ちなみに、ビタミンB群はまとめて一緒に取ることでさらなる力を発揮するので、一緒に取るとより効果的だと言われています。

それ以外に、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルも一緒に摂るようすると、PMS特有のイライラや落ち込みやすさの改善にもつながるので積極的に取り入れるようにしましょう。

現代女性は痩せすぎている人が多いことでもわかるように、ミネラルやビタミンが不足しがちです。
そのためにホルモンバランスが崩れやすくなり、PMSの症状も悪化する結果につながってしまいますので、体や心の不調を改善するためにも、まずは食生活の見直しからはじめるようにしましょう。

生理前になると、いつもむくみの症状があらわれるという女性は少なくありません。
体重が増えてもいないのに、ぽっちゃりに見えてしまうので、女性にとってこれほど嫌なことはないでしょう。
なぜむくみの症状があらわれるのかというと、生理前は、女性ホルモンの一種のプロゲステロンの分泌が活発になるからです。
妊娠に向けての環境作りのため、栄養や水分を体内に溜め込もうとする働きがあるので、そのせいでふっくらした状態になってしまいます。
基礎代謝を上げると、これを防げるので、体を冷やさないようにして、排卵日から生理前までは湯船につかったり、半身浴をするようにしてください。
むくみは水分の摂り過ぎから起こりますが、それで避けていると水分不足になるため、便秘や肌荒れが起きたり、代謝が悪くなるため、太りやすくなります。
ゆえに体を冷やさないお茶などの飲み物で、水分摂取をするようにしたいですし、塩分や糖分の摂りすぎやアルコールもむくみの原因になるので控えましょう。
普段から体を動かすことも忘れないようにして、血流を改善し、代謝機能をアップさせることも大切です。
さらに水分の排出を促す、カリウムを含んだ食物を摂取するとよいので、納豆や豆乳、豆腐などの大豆製品や、パセリやホウレン草などの料理に加えるようにしたいですね。
もっと簡単に摂取したいときは、サプリを利用することをおすすめします。

生理前はホルモンバランスなどが変わって吹き出物やニキビなどが出来やすくなります。バリア機能も弱まっている時期になるので過度の洗顔なども避けた方がいい時期になります。洗顔なども多く行うとトラブルが出やすくなるので回数を減らすことが大事になってきます。敏感肌は刺激の強いスクラブや石鹸などを使うと赤みや湿疹などのトラブルが出やすくなるので避けることで改善命令させることが出来ます。こういった時期に新しい化粧品や石鹸などを使うと問題が出る可能性が高いので、避けることが賢明です。今迄使っていたものを回数を減らして使うことで問題を小さくすることが出来ます。紫外線は夏場だけでなく一年中注意しなければいけませんが、特に生理前の時期は敏感になっていますから普段使っているものでもトラブルが起きる可能性が出てきます。この時期はマッサージなども避けることが賢明です。刺激は出来るだけ避けることが大事ですから洗顔回数を2回などに抑えてしかも保湿はしっかりと行うことが大事です。ニキビなどが出来てしまっているところは避けて処置を行うことが大事です。また漢方などの他の方法を上手に交えて処置を行っていくことで改善を早めることが出来ます。

生理前には、プロゲステロンの分泌量が増える時期です。この時期は、ニキビ以外にもむくみや頭痛、肩こりなどに悩まされる時期でもあります。プロゲステロンは、皮脂の分泌を盛んにさせる作用があります。そのため、一時的に多く分泌された皮脂が毛穴に詰まることが原因でニキビが出来やすくなります。
また、生理前は、肌の水分量が失われ、乾燥が進みやすいです。乾燥した肌は角質が厚くなるため、毛穴が詰まりやすくなります。この状態で皮脂の分泌量が増えるため、悪化しやすくなります。肌の乾燥は肌トラブルの原因にもなるため、普段から保湿をおこないます。
また、普段のメイクの落とし方や洗顔方法を少し変えることでも回避することが可能です。オイルクレンジングは、メイク落ちは良い代わりに肌への刺激が強いため、肌に必要な皮脂まで落ちます。そのため、クレンジングは、メイクの濃さに応じて使い分けるようにします。毛穴の汚れや古い角質を確実に落とすことで、化粧水や美容液の浸透をたすけてくれます。
ホルモンバランスを整えることもニキビ予防に有効です。肌の抵抗力を上げるためには、ビタミン類や食物繊維を積極的に摂ることです。あわせて、しっかりと睡眠をとりストレスを溜めないことです。

生理前に起きる肌荒れは、ホルモンバランスの乱れが大きく関係しています。
女性ホルモンには、卵胞ホルモンと黄体ホルモンという2種類のホルモンがあり、これらの分泌量は28日周期で変化します。
生理が始まる10日~12日前は黄体ホルモンの分泌量が増え、直前の7日間は分泌量が最も多くなります。この時期を「黄体後期」と言います。黄体ホルモンは妊娠を促し、妊娠後に備え栄養や水分を備蓄する働きがありますが、皮脂の分泌を増やす働きもあるので、生理前のオイリー肌の原因となります。そのため、毛穴に皮脂が詰まりやすくなり、ニキビや肌荒れの原因となります。
生理前のオイリー肌に備え、事前に生活を見直すことで、改善は可能となります。
この時期脂っこいものを食べると余計に皮脂の分泌が多くなるので、脂肪分、特に動物性の油(バター、ラード、牛、豚の脂肪分)は摂取を控えます。同様に、スナック菓子や油分を多く含むチョコレート、ナッツ類の摂り過ぎも避けます。食物繊維を多く含む野菜(キャベツ、ブロッコリーなど)は、体内への油分の吸収を抑える働きがあるので、積極的に摂るよう心がけます。
また、エストロゲン(肌や髪につやを出す女性ホルモン)と似た働きを持つイソフラボンを摂る事で、ホルモンバランスを整えることができます。イソフラボンは豆乳、納豆、味噌など大豆製品に多く含まれます。1日の摂取量の目安は70mg~75mgです。

生理前というのは、何かと全身がデリケートになりがちな期間ですね。肌トラブルも起こしてしまいやすいので、いつもよりも気を配らなくてはいけません。また、紫外線対策も強化するようにしたほうがいいでしょう。生理前は紫外線の影響により、シミやそばかすを多く作ってしまうといわれています。生理前には黄体ホルモンと呼ばれる女性ホルモンが多く分泌されます。これが紫外線の感受性を高めてしまうのです。また、顔の皮脂も多くなるので、肌トラブルはますます酷くなってしまう可能性が考えられます。メラニン色素も増えやすいので、シミのリスクもあがるのです。また、PMSと呼ばれる生理前のストレスの影響も肌トラブルに繋がります。ストレスは更なるメラニンの増加や、活性酸素なども増加させてしまいます。肌にとっては一番の大敵なのです。近年では紫外線の浴びすぎが本当に危険であるとニュースでもよく報道されています。今まで以上に注意して日焼け止めや日傘をさし、肌のトラブルを起こしてしまわないように過ごしましょう。生理前は肌のバリア機能の効果が低下するので、肌の露出も避けたいものです。この期間は十分に肌をいたわり、守る生活を心がけましょう。

生理前になると肌荒れを起こす人がよくいますが、これは女性ホルモンのバランスによるものです。排卵後から生理前に分泌されるホルモンには、皮脂の分泌を促したり便秘になりやすくなったりといった働きがあります。この原因を知っても、ホルモンは目に見えないものですので対策を立てることはとても難しいといえます。ただし、規則正しい生活を送ればある程度コンディションを整えることができますので、日頃から健康的な生活を送ることが大切です。
この頃の肌荒れを最小限に食い止めるためには、皮脂の分泌をコントロールすることが有効です。皮脂の分泌量は、摂取する食べ物や食事の時間帯、睡眠などに気をつけるだけでも変わってきます。油ものを好んで食べる人は少し控えるようにしたり、深夜の食事は摂らないようにしたり、なるべく早く就寝するなどの生活習慣に気を配ることで少しずつ改善させることができます。ストレスもホルモンバランスを崩させる一つの要因になりますので、ストレスは溜め込まないように工夫することも大切です。生理が始まれば、またホルモンのバランスは変わります。便秘が解消されて肌の調子も上がってきますので、調子の出ない時期をどう乗り切るかが重要です。

???? Vol.56 ?????????????? ???? Vol.56 ??????????????生理前にはエストロゲンと呼ばれるホルモンが一時的に多量に分泌され、このホルモンは妊娠に備え栄養を蓄積する働きのほかに、皮脂の分泌を促す作用もあります。この皮脂が毛穴に詰まる事でにきびなどの肌荒れを引き起こします。
この肌荒れを解消するには、肌に疲れを溜めないことが一番大事です。
皮脂が増えるとそれに汚れがつきやすく、肌へのダメージはどんどん蓄積していってしまいます。気になるからといってクレンジング効果の高い洗顔料などで肌に刺激を与えてしまうと、生理開始後、エストロゲンと呼ばれる新陳代謝を促すホルモンが分泌される時期になっても肌のダメージが回復せず、くすんだ状態のままになってしまうことがあります。
皮脂が少し肌に残ってしまう事はやむを得ないと考え、低刺激の洗顔料で優しく洗浄し、清潔なタオルで水分をふき取った後、少し冷たい水で肌をひきしめると、開いた毛穴が適度に引き締まります。
また生理前はついストレスからお酒の量が増える事がありますが、なるべく飲酒や脂っこい食事は避け、普段より1時間程度長めに睡眠を取ることを心がけるだけで、肌に溜まった疲れは充分とることができます。
生理前、肌は非常にデリケートな状態になっています。なるべく刺激を与えず、清潔に保つ事が重要になります。