永久脱毛と呼ばれる脱毛方法には医療レーザー脱毛やフラッシュ脱毛などがあり、現在多くのクリニックや脱毛サロンで施術が行われています。
これらの脱毛方法で脱毛を受ける場合、誰もが気になるのが本当に脱毛効果は一生続くのかどうかということではないでしょうか。
永久脱毛は永久というからには一生毛が生えてこないというイメージを持つ人が多いのは当然ですが、実際の効果の永続性については、実のところまだはっきりと確証がとれているわけではありません。
その理由は脱毛の永久性を確かめるためにかかる時間です。
永久性を実証するためには、何十年という気の遠くなるような長い時間を必要としますが、医療レーザー脱毛やフラッシュ脱毛は開発されてからまだ20年程度しか経過しておらず、その効果がどれほど持続するかははっきりとわかっていないのです。
ではなぜ永久脱毛と呼ばれているのかというと、それは米国電気脱毛協会により「最終脱毛より1ヶ月経過した時点でムダ毛の再生率が20%以下である脱毛方法を永久脱毛とする」と定義されているためです。
医療レーザー脱毛やフラッシュ脱毛は脱毛完了後1年~数年という長期間に渡って効果が持続することはわかっていますので、この定義には当てはまり、永久脱毛とみなされています。
実際数十年という期間持続するかはわからないものの、半永久的と言えるほどの期間持続する可能性は非常に高いですので、しっかり脱毛したい人にはやはりおすすめできる脱毛方法と言えるでしょう。

美容クリニックで美容医療を受けたいと考えた時に、どのようにクリニックがいいのかは人によって違いますが、判断基準として保険が適用されるかどうか、費用がいくらくらいかかるのかといったことが挙げられます。
一般的に美容クリニックでの治療は保険適用がされる疾病治療ではなく美容目的の治療となりますので、全額自費の自由診療となることがほとんどです。
ただし、例外としてあまりにもひどいニキビや目を傷つける恐れがある逆まつげ、悪性の疑いがあるほくろなど、日常生活や健康を阻害する症状として認められた場合は保険適用されるケースもありますので、まず相談をしてみるとよいでしょう。
次にクリニック選びの基準となる費用ですが、先述したように美容治療は保険が適用されないことがほとんどですので、同じ治療を受けてもクリニックによって値段が大きく異なります。
そのため、出来るだけ安価で治療を受けたいと考え場合は、複数のクリニックのホームページなどから料金設定を確認することが重要となります。
また実際にカウンセリングを受ける段階でも、総合してどのくらいの費用が掛かるのかを確認しましょう。
治療内容によっては、美容施術後にマッサージなどのアフターケアが必要なものがありますので、自分の受ける美容治療にはそういったものが必要かどうかなど、最終的にどのくらいかかるのかといった正確な値段を把握しておくことが大切です。

サロンやクリニックで行われているプロの脱毛施術では、ムダ毛のメラニン色素に反応する光やレーザーを照射してムダ毛の再生能力を衰えさせていくことができます。最初は濃くて太かったムダ毛も、施術を重ねていくことで細くなっていき、施術が完了するころには自己処理不要のスベスベなお肌を手に入れることができるでしょう。
一般的にクリニックのレーザー脱毛の方がサロンの光脱毛よりもパワーが強いため、より少ない回数で効果を実感しやすくなります。また、施術完了後の脱毛効果の持続性はほぼ半永久的で、実質永久脱毛に近い効果が期待できます。しかし、クリニックのレーザー脱毛はパワーが強い分、VIOやワキなどに生える濃くて太いムダ毛に照射した場合には強い痛みを感じることがあります。痛みの感じ方には個人差があり、最初からそれほど気にならない人もいれば、最初は痛かったけど施術を受けていくうちに慣れてしまう人もいます。心配な人は無料カウンセリングを受けて事前にレーザー脱毛の施術を体験してみることをおすすめします。
サロンの光脱毛とクリニックのレーザー脱毛、どちらの施術でも濃くて太いムダ毛には一度の施術で大きなダメージを与えやすくなります。そのため、薄いムダ毛に対する施術に比べて、より少ない回数で効果を実感できるケースが多いです。最初の施術時に強い痛みを感じた場合でも、施術を重ねていく度にムダ毛が目に見えて細く薄くなってくるので、痛みを感じることがなくなってくるでしょう。

現在、脱毛の主流となっているのが、美容皮膚科や美容外科といった医療機関で受けられる、「レーザー脱毛」です。
レーザーでの脱毛は、元々ほくろやアザの治療に用いられていた技術を、脱毛に応用した事で誕生しました。

レーザー脱毛は毛根部分にある、メラニン色素にレーザーを反応させて無駄毛を処理する脱毛法です。
最初は肌に含まれるメラニン色素に、レーザーが反応してしまい、うまく脱毛できませんでしたが研究を重ね、肌を傷める事なく無駄毛のみを処理できるようになったのです。

レーザー脱毛は、使用するレーザーの種類もいくつかあります。
ルビーレザーはアメリカで最初に開発された脱毛マシンに、使われているレーザーです。
メラニン色素への反応率が非常に高いという事もあり、アジア人の肌ではなく白人向けのレーザーとなっています。

日本人に向いていると言われているのは、アレキサンドライトレーザーというレーザーの種類です。
メラニン色素への反応率が、ルビーレーザーよりも低いので、メラニン色素を多く含む日本人でも、肌にダメージを与える事なく脱毛できます。
日本のクリニックでは、ほぼアレキサンドライトレーザーを搭載した、脱毛マシンによる脱毛が行われています。

医療脱毛といえば最近ではクリニックや病院などで行う医療用のレーザーを使った医療レーザー脱毛が主流になっています。医療機関ですので出力の高いレーザーが使用でき、高い脱毛効果が得られるのが特徴です。レーザーがムダ毛の黒色メラニン色素にしか反応しないので、周囲の皮膚組織にダメージをほとんど与えることなく非常に安全に脱毛ができます。
医療脱毛の流れとしては、施術を行う前に、脱毛したい部分の毛を剃ります。皮膚の下に毛が十分存在している必要があるので、決して抜いたりしてはいけません。皮膚の反応を見ながらレーザーが照射されます。皮膚に隠れている毛根の黒色メラニンにレーザーが吸収され、その際に発生する熱で毛の生産工場ともうえる毛乳頭及び毛包幹細胞を破壊するので、二度と毛が生えてくることはありません。
医療レーザー脱毛後は、皮膚に熱を持った状態ですので保冷剤などでしっかりと冷やして患部を清潔に保ちます。炎症を抑えるスプレーなどをして終了です。レーザー照射後はシミができやすいので日光を直接浴びないようにUVケアを行うことが大切です。
万が一、軽い火傷や赤みなど肌トラブルが起こった場合には、施術を受けた医療機関で治療を受けられるので、医療脱毛をしておくと安心ですね。
ムダ毛脱毛を考えている方は、効果や安全性を判断基準にして医療機関での脱毛を選ぶと良いでしょう。

脱毛サロンを選ぶ際に、しっかりと確認しておきたいのが、値段とプランです。
料金について比較検討をする際に、何よりも重視しておきたいのが、脱毛が完了するまでに必要な回数を通った場合の総額です。
1回分の施術の料金が安ければ、総額も安くなるのではないかと考える人もいますが、脱毛サロンは契約回数が多くなれば割引が適用されるという事が多くなります。
ですから、1回の施術で比べるとやや高いと感じるサロンであっても、多くの回数を契約すればお得になるという可能性もあります。
更に、1つの部位の脱毛であれば、それ程、安くないサロンであっても、複数の施術を組み合わせる事でお得に脱毛が出来るという事も珍しくありません。
例えば、脚であれば、膝上、膝、膝下、脚の甲と指と、複数の部位に分かれます。
特に目立ちやすい膝下のみ脱毛をしたいと考える人もいますが、脚は全体的に脱毛をしておく方がメリットが大きくなります。
この場合、部位を1つずつ計算していくサロンよりも、脚全体のセットプランがあるサロンを選ぶ方がより安く脱毛が可能となる可能性が高くなります。
ですから、脱毛をする場合は、プランや総額をしっかりと意識して、比較検討しておく事がお勧めです。

脱毛サロンで脱毛する際には痛みや効果について気にする人も多いです。
痛みについては脱毛する際によく輪ゴムでぱちんと弾かれたような痛みがあると言われていますが、個人差があるために誰もが必ずしも同じように感じるという訳では無いです。
ただ、場所によっても感じ方は異なっていて、デリケートゾーンなどはかなり痛かったという人も多いです。
痛いのが苦手で不安であるという人は、あらかじめその事を伝えて出力を弱めて行ってもらうという手段があります。
また、脱毛サロンによっては一般的な脱毛方式とは異なる方法によって、痛くない事を特徴として挙げているサロンもありますので、そうしたサロンを選んでみるというのも一つの手です。
一方、効果についてもやはり個人差があるために、どの程度の回数を行えば良いのかは一概には決める事が出来ないです。
より高い効果が望ましいのであれば出力は高めで行ってもらう必要がありますが、これは同時に痛みも強くなるという事でもありますし出力を上げて行うのにも限界はあります。
痛さと効果の間には関係があるために、より高い効果を期待するのであれば耐えられないほどの痛さでない限りは多少痛くても我慢をして行った方が効き目は高くなります。

光脱毛は脱毛サロンで受けられる、脱毛法の1つです。
施術の流れですが、まず最初にカウンセリングを行う脱毛サロンが、ほとんどです。
カウンセリングでは脱毛法の説明の他に、肌質や毛質のチェックを行います。

脱毛サロンによっては、カウンセリングの時にテスト照射を行っている所があるので、1度施術を受けてから契約したいという方は、テスト照射を行っている脱毛サロンを探してみましょう。

カウンセリング後に契約をしたら、施術の予約を行います。
いよいよ脱毛となりますが、多くの脱毛サロンでは施術の前にジェルを肌に塗ります。
光脱毛は光の熱で無駄毛を脱毛するので、そのまま光を照射してしまうと、肌にダメージを与えてしまうのです。
ですので、冷たいジェルを塗って光から肌を保護します。

その後、光を無駄毛を脱毛する部分に照射します。
施術後はジェルを拭き取りますが、脱毛サロンの中には施術後にローションなどで、肌をトリートメントしてくれる所があります。
光脱毛は肌へのダメージは少ない脱毛法ですが、施術後の肌は乾燥しがちです。
施術後、トリートメントしてくれる脱毛サロンであれば、より肌を傷めず脱毛できます。

最後に次の予約を行って、その日の脱毛は終了です。

美意識の高い人が増え、痩身や脱毛などが気軽に利用できるサロンも増えてきています。料金プランや施術方法など、核サロンがさまざまな特徴を持っていますが、良いサロン選びをする判断基準には、次のような事柄があげられます。

ひとつは、自分にとって通いやすい場所かどうかです。1回きりのプランであれば問題ありませんが、今後定期的に通うことになる内容の施術であれば、勤務先から、自宅から、買い物ついでに、などアクセスのよい場所を選ぶ必要があります。

また、サロンの雰囲気やスタッフの対応、予約しやすいかどうかもポイントとなります。それなりの費用を払うわけですから、施術効果が得られるというのは当然のこと、リラックスできる空間で、対応のよいスタッフ施術を依頼したいものです。無理な勧誘をされるような店は避けたいものです。親身になって相談にのってくれ、自分の悩みを解決できるプランを提案してくれるサロンを選びましょう。そして、いつでも希望したときに予約ができるかということも大切です。人員や機器の不足も考えられるからです。

そして当然のことながら、衛生管理がきちんとしているかという点です。管理の行き届いていない店は問題外です。

脱毛しようと考えたとき、脱毛サロンか美容クリニックかどちらに通うか迷う人は多いことでしょう。

脱毛サロンで行うのはおもにフラッシュ脱毛と呼ばれる方法で、メラニンや黒い毛のみに反応する特殊な光を照射して処理していく方法です。
出力が弱いので比較的痛みも少なく、施術法によっては肌がきれいになる効果も期待できることもあります。

ただ、威力が弱いので施術をたくさん受けなくてはいけないのと、効果は半永久的なものではありませんが確実に以前に比べてはムダ毛が少なくなることを実感できます。

一方、美容クリニックで行われるのは医療レーザーを使用した医療脱毛です。

単一の波長のレーザーを照射して処理していく方法で、威力が高いので医療従事者によってしか行うことができないため安全性が高いとされています。

その効果は一度処理してしまえば一生自己処理する手間が省けるのでもう自己処理の手間に時間を割きたくないという人におすすめです。

ただ、威力が高いということはそれだけ施術における痛みも強いということで、痛みを軽減するために麻酔クリームや場合によっては笑気麻酔などを使用して処理することもあります。

それぞれに良いところがありデメリットも存在しますが、何を一番最優先するかによっても脱毛サロンか美容クリニックかどちらに通うのが最適か良く考えた上で施術を受けるようにしましょう。

ソファー ソファーとテーブル