最近はシャワーで汗を流すだけという人も増えていますが、ゆっくりとお湯に浸かるとリラックスできて心身に良い影響をもたらします。入浴時には全身の力が抜けて、血行も良くなります。血行促進によって代謝も高まりますので、最近疲れがとれないという場合にはゆっくりとお湯に浸かることが大切です。
お湯の温度は40度程度がちょうど良い熱さです。それ以上の温度では短時間のうちにのぼせてしまいますし、大量の発汗によって長時間入っていることができません。リラックスできる温度というのは温めのお湯ですので、熱過ぎてはいけません。ただゆったりと浸かるだけでも効果がありますが、好きな音楽を聴いたりして自分なりに快適な空間づくりをするのも有効です。
全身の筋肉をほぐして血流を改善することができたら、冷え症も良くなります。冷え症は末端まで血液が上手く流れなくなる現象ですので、運動したり入浴したりといったことが効きます。運動が苦手な人でも入浴なら簡単に行えますので、すぐに実践できるはずです。お風呂に入った後は水分補給を忘れずに行います。ゆっくりとお湯に浸かって良い汗をかくことで、体のだるさが抜けて細胞レベルで元気になることができます。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。