脚を組んで座る方がラク、と言われる方多いですよね。でも、脚を組んだ方がラクという時点ですでに骨盤が歪んでいる可能性が高いと言えます。身体の重心が歪んでいるので、不安定な状態にあり、バランスを取ろうとして脚を組むのです。そして、脚を組み続けることで、さらに歪みを招いてしまう結果になりかねません。
例えば、左脚を上にして組むということは、骨盤は左上にひねられた状態。それがいつも行われることで、次第に骨盤が左上にひねった状態で固定されてしまうんです。
そして、その骨盤の歪みこそが、あらゆる病気の根源でもあるのです。歪みがひどくなると肩こりや腰痛や頭痛、生理痛・生理不順などの原因になります。また、血液やリンパの流れが悪くなるので、太る原因にもなってしまうのです。
ですから、脚を組むのはやめたいところですが、クセになっているとなかなか一度にやめるのが難しいのが現実です。なので、応急処置として、脚を交互に組むことができます。こまめに、左右組み替えることで、片方に負担がかからないようにすることができます。また、普段立っている時も、片方に重心をかけるのではなく、左右均等に体重をかける立ち方に心がけることができます。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。