ニキビを治療するのには皮膚科と美容皮膚科に行くと方法の2種類の選択肢があります。
美容皮膚科に行った場合には、ケミカリピーリングの治療を行います、
このケミカルピーリングとは、グリコール酸やサリチル酸といった薬剤を塗って表面の角質を除去してくれる仕組みです。
本来はこの角質は、新陳代謝によって自然に剥がれ落ちるものですが、睡眠不足や不規則な生活やストレスなどのさまざまな原因でターンオーバーが乱れてしまうと古い角質が落ちずに重なり合い毛穴を詰まらせニキビの原因になってしまいます。
それをケミカルピーリング治療を行う事で、ターンオーバーの乱れが改善されて肌が生まれ変わりニキビが出来にくい肌に生まれ変わります。
この治療はニキビ跡になってしまった状態でも効果があり、ニキビ跡を綺麗に消してさらに治療を続けて行くとニキビが出来にくい状態に変わっていきます。
美容皮膚科では、ケミカルピーリングを行った後に、イオン導入を行います。
このイオン導入もニキビの治療としてメジャーでニキビの良いといわれるビタミンCをはじめとした美容液をつけて微弱な電流を流し肌の奥まで浸透させていきます。
ニキビの治療後には、保湿と紫外線対策をしっかりとする事が必要になります。

 

 

 

 

 

 

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。