ハイジーナ脱毛は痛いといいますが、施術を受けてみると本当に痛いです。痛みが強く伴うのは、全身のお肌の中でも、特に皮膚が薄いという特徴もあります。デリケートゾーンに生えているムダ毛は、太くて丈夫で、色もしっかりと濃いです。脱毛の反応はとてもよく出ますから、施術をしたときはかなりの刺激を感じやすいです。さらに言えば、皮膚が薄い上に色素沈着をしているパーツでもあります。脱毛の照射は黒い色をしている、メラニンにしっかりと反応をする仕組みです。色素沈着で黒くなっている皮膚は、照射の時には痛みを強く感じやすくなります。

ハイジーナ脱毛でも特に痛いと感じやすいのは、Iラインの粘膜に近いところです。思わず涙が出るくらいに、最初のうちは痛いです。ビキニラインに関しては、毛量が少なくなっていけば、意外と平気になってきます。IラインやOラインに関しては、毛量の減りにも期待しながら、皮膚に黒ずみがあるのも問題ですから、そこを改善していく必要があります。ハイジーナ脱毛の痛み対策として、日頃から保湿をすることが必要です。そして一緒に、美白のスキンケアもすれば、肌の色には明るさが出てきて、痛み軽減にも役立つことになります。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。