自律神経を整えるには腹式呼吸が効果的です。腹式呼吸を行うことで緊張を解き放ち自信や冷静さを保ち、心の平穏を取り戻す作用があるとされています。そもそも人が無意識に呼吸をすることができるのは「自律神経」の働きによるものです。自律神経は呼吸以外にも血管の収縮や発汗作用・内分泌なども司る体の司令塔ともいえる大切な神経です。自律神経のバランスが乱れると、体内に様々な不調をもたらしてしまいます。自律神経には交感神経と副交感神経があり互いにバランスを保ち機能しています。副交感神経には身体的な活動を穏やかにして、心身をリラックスさせる効能があります。ゆっくりと深い呼吸をしている時は副交感神経が働いているサインです。反対に交感神経が活発になると、呼吸も荒く短くなります。このような原理から腹式呼吸を行うことで副交感神経を意図的に操って、自律神経のバランスを調整することが可能です。腹式呼吸によってリラックスして安眠ができ、感情を正常に保ち心身ともに健やかな状態へと導くことができます。また深い呼吸を体の奥から行うことで、自然と姿勢も良くなり猫背も解消するといいます。腹式呼吸は正しいやり方をマスターすれば、いつでも好きな時に行うことができるのでとても良い健康法です。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。