皮膚科と美容皮膚科は肌に関するトラブルを治療していますが、治療内容に違いがあります。
皮膚科は皮膚の病気を治すことを最優先して、塗り薬や内服薬を用いて治療します。主に肌の湿疹や吹き出物、水虫などの皮膚の病気の治療やイボなどの皮膚疾患を治療します。保険が適用になるものが殆どなので治療費が比較的安いです。ニキビの治療では、ニキビは脂漏性皮膚疾患のひとつで、この疾患を塗り薬や内服薬で治療し症状がなくなると治療は終了します。ニキビ跡などの治療は行ないません。
美容皮膚科は、見た目を重視した治療法でトラブルを改善していきます。治療費は一部を除いて保険適応外なので殆ど実費になり高額になることもあります。また治療費の他にカウンセリング料や初診料など治療費以外の料金が発生することもあります。ニキビの治療では、ニキビを治療し、ニキビ跡なども改善する治療を行ないます。ニキビ跡ができないような対策をしたり、ニキビができにくくする治療も可能です。美容皮膚科ではケミカルピーリングを使用して皮膚を改善したり、ニキビ跡にレーザー治療をしたり、ヒアルロン酸注射なども行ない肌トラブルを改善します。美容皮膚科は、トラブルをトータルで治療することができ、エステサロンのようですが、エステサロンでできない注射やレーザー治療が可能です。また、ニキビ以外でも毛穴、シミ、アザ、しわなどのトラブルを医学に基づいた技術や考えで治療が可能なのです。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。