ニキビが繰り返されたことによる肌の凸凹は、年月が経ってもなかなか消えません。そんなニキビ痕で悩んでいる人に絶大な支持を得ているのがイントラセルと呼ばれる治療法です。
イントラセル治療の仕組みは、肌に極細絶縁針を差込み、針の先だけにラジオ波を勝者させます。
極細絶縁針は肌の奥深くにある真皮層にまで届くため、コラーゲンやエラスチンといった物質を増やす効果が期待できます。その結果ターンオーバーが活発に行われるようになり、頑固なニキビ痕を薄める効果が期待できるのです。
極細絶縁針を差込むときには麻酔が使用されるため、治療中に痛みを感じる恐れは非常に低いでしょう。イントラセル治療は一度受けただけでも効果が実感できると評判で、身体への負担も非常に軽いのでおすすめです。
ニキビ痕の状態に合わせてラジオ波の強さや照射箇所を自由に設定できるため、患者ひとりひとりに合わせた治療が望めるのも魅力的です。
ニキビ痕は自力でのケアでよくなることはほとんど期待できないため、悩みが深刻であるならば美容クリニックを受診して医師に相談をしてみるのが解決への近道です。
そのときは出来るだけ治療経験が豊富で信頼できる医師を探しましょう。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。