医療脱毛といえば最近ではクリニックや病院などで行う医療用のレーザーを使った医療レーザー脱毛が主流になっています。医療機関ですので出力の高いレーザーが使用でき、高い脱毛効果が得られるのが特徴です。レーザーがムダ毛の黒色メラニン色素にしか反応しないので、周囲の皮膚組織にダメージをほとんど与えることなく非常に安全に脱毛ができます。
医療脱毛の流れとしては、施術を行う前に、脱毛したい部分の毛を剃ります。皮膚の下に毛が十分存在している必要があるので、決して抜いたりしてはいけません。皮膚の反応を見ながらレーザーが照射されます。皮膚に隠れている毛根の黒色メラニンにレーザーが吸収され、その際に発生する熱で毛の生産工場ともうえる毛乳頭及び毛包幹細胞を破壊するので、二度と毛が生えてくることはありません。
医療レーザー脱毛後は、皮膚に熱を持った状態ですので保冷剤などでしっかりと冷やして患部を清潔に保ちます。炎症を抑えるスプレーなどをして終了です。レーザー照射後はシミができやすいので日光を直接浴びないようにUVケアを行うことが大切です。
万が一、軽い火傷や赤みなど肌トラブルが起こった場合には、施術を受けた医療機関で治療を受けられるので、医療脱毛をしておくと安心ですね。
ムダ毛脱毛を考えている方は、効果や安全性を判断基準にして医療機関での脱毛を選ぶと良いでしょう。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。