自律神経を整えるための方法の一つとして、水分をとることが挙げられます。
何故かというと消化器系(泌尿器系)を刺激するためです。
紅茶やウーロン茶や生姜湯など、体を温める水分は特に効果的です。

それだけでなく水分は、肌を健康的に保ち、体温を調節し、栄養素や代謝物を運搬し、消化を助け、満腹感を与えます。
いわば、水分により生命の機能が保たれています。故に水分が不足すると疲労感が増したり、熱中症になったりします。

人間が一日に排出する水分量は2.3リットルにもなり、同時に補給すべき水分量も2.3リットルです。
うち0.8リットルは平均的な食事等で摂取できるので、飲料水から摂取すべき水分量は約1.5リットルです。
これを補給するには、コップ一杯の水分を8杯前後飲むとちょうど良いです。

この8杯を飲む際に効果的なタイミングが4つあります。
1つ目は朝起きたとき、2つ目はスポーツをする直前、最中、直後、3つめは入浴後、4つ目は就寝の3時間前です。

1つ目の朝起きたときについて、寝ている間に水分を失い、血液中のミネラル濃度も高くなっているので、水分を補給します。
2つ目のスポーツをするときについて、発汗で失った水分を補給します。運動を始める30分前に一杯、運動中30分おきに一口~1杯、運動後は少しずつのタイミングで飲むと、水分の取りすぎによる急な腹痛や、体がだるくなることを防げます。
3つ目の入浴後について、発汗で失った水分を補給します。
4つ目の就寝の3時間前について、寝る直前に水分を取るのは消化器官に余計な負担をかけ、完全な睡眠ができなくなるので、寝る3時間前までに食事と水分の補給は済ませておきます。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。