ダイエットで体重を落としても、お腹が痩せるとは限らないです。
筋肉が落ちてしまったり、体内に蓄えている水分量が減って体重が落ちても見た目は寧ろ弛んでしまって綺麗にはなれないです。
脂肪を減らして体重を落とそうと思うと大変です。
一キロの脂肪を減らすには、7000キロカロリーの消費をしなくてはならないからです。
ウォーキング1時間で200キロカロリー前後しか消費できないのです。
脂肪を落として見た目を変えるのは時間がかかります。
もっと快速で見た目を変えることは出来ます。
お腹が気になる方は、お腹を重点的にひねる運動をするとみるみるうちに括れが現れます。
ヨガのポーズで、ウエストをひねるポーズがあります。
普通に立って体をねじるよりも良く効きます。
「アルダ・マッチェンドラーアーサナ」というポーズです。
最初に、あぐらをかきます。
右足を起こして左脚の太もも外側に右足を下ろします。
後ろに右手をついて、上半身を右に回転させます。
左腕の肘を右足の外側にもっていきます。
左手と右手を合わせて、合掌します。
30秒数えて、ゆっくりと元の状態に戻します。
反対側も同じ感じでやります。
その間、呼吸はゆっくり行います。
ちゃんと脇腹に効いていることを感じながら行います。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。