運動や歩くのが嫌いという人にお勧めなのがヨガです。ヨガには体の柔軟性をアップさせ、激しい運動でないながらも有酸素運動であるため続けることで代謝が上がりダイエット効果を期待することができ、効率よく脂肪を燃焼させてシェイプアップ効果を望むことができ、リラックスできるためにうつ病の予防や改善に役立つとされています。
寝たままで簡単にヨガを行いたいという人のおすすめのヨガポーズとしては、仰向けの状態で膝を曲げて、かかとを座骨の下まで引き寄せてかかとの上に膝が来るようにした後、お尻を床から話、両肘を床に着けてその肘を肩幅より内側に来るように引き寄せ、お尻を引きしめたまま骨盤を真上に引き上げます。そのまま両腕を床に押すか、握手をするように手を握り腕全体で床を押しながら、胸を上に押し上げ顎を引き、目線は胸の辺りに下ろしたらゆっくりと10回呼吸を繰り返します。その後両手で腰を支えながら、片足を上に伸ばし、上げた足を下ろして片方を上に上げます。この時お尻が下がらないように注意します。
体の右を床につけて横寝になりながら、頭を持ち上げて右手で支えます。かかとを押し出して体を一直線にし、左膝を曲げて左手で親指を掴み、息を吐きながら左足を90度まで引き上げてゆっくりと10回呼吸します。膝裏が伸びにくい場合にはできる範囲で行います。さらに左足を耳の横まで引き寄せ10回呼吸を繰り返し、息吐きながらゆっくりと床に下ろします。反対側も同様に行います。
これらを継続して行うことで、効果を得ることができます。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。