ニキビが治っても、ニキビ跡が残ってしまい、困っている人は多いです。
ニキビ跡には、炎症が起きた場所に色素沈着が残るタイプと、クレーターのような跡が残るタイプがあります。
色素沈着は、炎症の発生で刺激から肌を守ろうとするメラニン色素が増加して起こります。
色素沈着の場合は、肌のターンオーバーが活発に行われることによって、徐々に薄くなっていきます。
ですから、皮膚科クリニックで色素沈着のニキビ跡を治療する場合は、肌のターンオーバーを正常化する治療を行うことが多いです。
クレーターのような跡は、症状が悪化して、傷が真皮組織を壊したことが主な原因です。
炎症が沈静化しても、真皮が修復できない部分があると、表面が平らではなくなってしまうのです。
真皮組織の深い部分が壊されると、元の状態に戻すのは難しくなります。
ですから、ニキビができた場合は、つぶしたりせずに、適切なスキンケアを行うことが大事なのです。
クレーターのような跡の治療では、ビタミンC誘導体やレーザーを使った治療が有名です。
ピーリングやコラーゲン注入を組み合わせた治療も人気があります。
茶色の色素沈着が残ってしまった場合は、美白剤で治療することが多いです。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。