現在、脱毛の主流となっているのが、美容皮膚科や美容外科といった医療機関で受けられる、「レーザー脱毛」です。
レーザーでの脱毛は、元々ほくろやアザの治療に用いられていた技術を、脱毛に応用した事で誕生しました。

レーザー脱毛は毛根部分にある、メラニン色素にレーザーを反応させて無駄毛を処理する脱毛法です。
最初は肌に含まれるメラニン色素に、レーザーが反応してしまい、うまく脱毛できませんでしたが研究を重ね、肌を傷める事なく無駄毛のみを処理できるようになったのです。

レーザー脱毛は、使用するレーザーの種類もいくつかあります。
ルビーレザーはアメリカで最初に開発された脱毛マシンに、使われているレーザーです。
メラニン色素への反応率が非常に高いという事もあり、アジア人の肌ではなく白人向けのレーザーとなっています。

日本人に向いていると言われているのは、アレキサンドライトレーザーというレーザーの種類です。
メラニン色素への反応率が、ルビーレーザーよりも低いので、メラニン色素を多く含む日本人でも、肌にダメージを与える事なく脱毛できます。
日本のクリニックでは、ほぼアレキサンドライトレーザーを搭載した、脱毛マシンによる脱毛が行われています。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。