睡眠は美容や健康に欠かせません。だからといってただ単に長時間寝ればいいわけではないのです。よい睡眠は量より質なのです。
私たちは夕方日が沈むとメラトニンというホルモンが分泌します。日が沈むころ、日中に出ているセロトニンというホルモンにとって代わるのがメラトニンというホルモンなのです。つまり良質な睡眠のためには、このホルモンを正常に分泌させないといけません。
そのために簡単にできることがあります。それは朝起きたらすぐに朝日を浴びることです。これによってメラトニンの分泌が減り、セロトニンの分泌がぐっと上昇します。毎朝朝日を浴びることを習慣とすることで、夕方になると眠りのホルモンとのチェンジがきちんと行われるようになるのです。
注意したいのが寝る前のパソコンやスマホです。眠くないからといって遅くまで見ていると逆に頭がさえてしまって眠れなくなります。眠くなくても決まった時間になったら布団に入る習慣をつけることです。
よく夜10時から午前2時までの間をゴールデンタイムといって、この時間だけでも眠っておくべきと言われますが、これはあくまで一般論なので、無理をしてまでこの時間に寝る必要はありません。自分の生活スタイルに合わせて質の良い睡眠をとるように心がければいいのです。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。