妊娠時に体重が増加といっても標準で8キロ前後でこのうち、胎児が約3キロ、羊水や胎盤などで3キロ程度であり、脂肪として蓄積されたのは2キロ程度である人が多いです。出産の後には授乳が待ち構えており、暴飲暴食をしない限りは自然と妊娠前の体重に戻っている事が多いです。特に出産してから半年までが勝負と言われている点には妊娠でつく脂肪は流動性脂肪と言って水分が多く含まれた脂肪で落としやすいとされています。半年経過してしまうと落ちにくくなる為、忙しい育児でもちょっとした合間にストレッチなどを取り入れて半年を目標に落とした方が良いでしょう。
ダイエットの基本としては食生活においては授乳をしていると満腹感がなかなか得られにくいです。栄養のあるヘルシーな生活を心がける事でカロリーオーバーを防ぎます。また、妊娠時に開いてしまった骨盤を産後すぐにでも正しい位置に戻す事で内臓も正しい位置に戻り、身体全体が健康な身体へと導きます。その他には歪んだ骨盤のままでいるとつかない場所に脂肪がついてしまう為、正しい位置をキープする事で余分な場所に脂肪がつく事を防ぎます。骨盤を正しい位置に戻すにはサポーターをつけたり骨盤体操をしてみても良いでしょう。

 

 

 

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。