産後は下腹太りが気になってしまうことがありますが、簡単なエクササイズで解消することができます。やり方はまず、床に仰向けに寝転がります。下腹部を押さえるようにして両手を乗せます。そして両手を押し返すように、鼻から息を吸って空気をお腹に入れ込んでいきます。腕を交差させて、天井に向かって10秒から15秒ほどかけてゆっくりと息を吐きましょう。これを初めのうちは5回繰り返し行うようにして、慣れてきたら回数を増やすようにしましょう。このエクササイズを行うことで骨盤周りの血液循環を良くして、冷えやむくみの解消をすることができ、腹横筋を鍛えて内臓の位置を上げることができるようになります。次に、床に仰向けに寝たまま両膝を立てます。かかとをお尻に寄せて、つま先は外側を向け足を大きく広げます。膝を床につけるように交互に下ろします。これを10回行いましょう。慣れてきたら回数を増やすようにすると良いです。このエクササイズを行うことで、骨盤を引き締めることができるようになります。最後は足を肩幅に開いて立ちます。腰に手を当ててお尻に力を入れ、円を描くような感じで大きく腰を右に10回、左に10回ゆっくりと回しましょう。できるだけ毎日行うようにすると、効果を実感できるようになってきます。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。