生理前になると肌荒れを起こす人がよくいますが、これは女性ホルモンのバランスによるものです。排卵後から生理前に分泌されるホルモンには、皮脂の分泌を促したり便秘になりやすくなったりといった働きがあります。この原因を知っても、ホルモンは目に見えないものですので対策を立てることはとても難しいといえます。ただし、規則正しい生活を送ればある程度コンディションを整えることができますので、日頃から健康的な生活を送ることが大切です。
この頃の肌荒れを最小限に食い止めるためには、皮脂の分泌をコントロールすることが有効です。皮脂の分泌量は、摂取する食べ物や食事の時間帯、睡眠などに気をつけるだけでも変わってきます。油ものを好んで食べる人は少し控えるようにしたり、深夜の食事は摂らないようにしたり、なるべく早く就寝するなどの生活習慣に気を配ることで少しずつ改善させることができます。ストレスもホルモンバランスを崩させる一つの要因になりますので、ストレスは溜め込まないように工夫することも大切です。生理が始まれば、またホルモンのバランスは変わります。便秘が解消されて肌の調子も上がってきますので、調子の出ない時期をどう乗り切るかが重要です。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。