???? Vol.56 ?????????????? ???? Vol.56 ??????????????生理前にはエストロゲンと呼ばれるホルモンが一時的に多量に分泌され、このホルモンは妊娠に備え栄養を蓄積する働きのほかに、皮脂の分泌を促す作用もあります。この皮脂が毛穴に詰まる事でにきびなどの肌荒れを引き起こします。
この肌荒れを解消するには、肌に疲れを溜めないことが一番大事です。
皮脂が増えるとそれに汚れがつきやすく、肌へのダメージはどんどん蓄積していってしまいます。気になるからといってクレンジング効果の高い洗顔料などで肌に刺激を与えてしまうと、生理開始後、エストロゲンと呼ばれる新陳代謝を促すホルモンが分泌される時期になっても肌のダメージが回復せず、くすんだ状態のままになってしまうことがあります。
皮脂が少し肌に残ってしまう事はやむを得ないと考え、低刺激の洗顔料で優しく洗浄し、清潔なタオルで水分をふき取った後、少し冷たい水で肌をひきしめると、開いた毛穴が適度に引き締まります。
また生理前はついストレスからお酒の量が増える事がありますが、なるべく飲酒や脂っこい食事は避け、普段より1時間程度長めに睡眠を取ることを心がけるだけで、肌に溜まった疲れは充分とることができます。
生理前、肌は非常にデリケートな状態になっています。なるべく刺激を与えず、清潔に保つ事が重要になります。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。