生理前になると、いつもむくみの症状があらわれるという女性は少なくありません。
体重が増えてもいないのに、ぽっちゃりに見えてしまうので、女性にとってこれほど嫌なことはないでしょう。
なぜむくみの症状があらわれるのかというと、生理前は、女性ホルモンの一種のプロゲステロンの分泌が活発になるからです。
妊娠に向けての環境作りのため、栄養や水分を体内に溜め込もうとする働きがあるので、そのせいでふっくらした状態になってしまいます。
基礎代謝を上げると、これを防げるので、体を冷やさないようにして、排卵日から生理前までは湯船につかったり、半身浴をするようにしてください。
むくみは水分の摂り過ぎから起こりますが、それで避けていると水分不足になるため、便秘や肌荒れが起きたり、代謝が悪くなるため、太りやすくなります。
ゆえに体を冷やさないお茶などの飲み物で、水分摂取をするようにしたいですし、塩分や糖分の摂りすぎやアルコールもむくみの原因になるので控えましょう。
普段から体を動かすことも忘れないようにして、血流を改善し、代謝機能をアップさせることも大切です。
さらに水分の排出を促す、カリウムを含んだ食物を摂取するとよいので、納豆や豆乳、豆腐などの大豆製品や、パセリやホウレン草などの料理に加えるようにしたいですね。
もっと簡単に摂取したいときは、サプリを利用することをおすすめします。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。