生理前には、プロゲステロンの分泌量が増える時期です。この時期は、ニキビ以外にもむくみや頭痛、肩こりなどに悩まされる時期でもあります。プロゲステロンは、皮脂の分泌を盛んにさせる作用があります。そのため、一時的に多く分泌された皮脂が毛穴に詰まることが原因でニキビが出来やすくなります。
また、生理前は、肌の水分量が失われ、乾燥が進みやすいです。乾燥した肌は角質が厚くなるため、毛穴が詰まりやすくなります。この状態で皮脂の分泌量が増えるため、悪化しやすくなります。肌の乾燥は肌トラブルの原因にもなるため、普段から保湿をおこないます。
また、普段のメイクの落とし方や洗顔方法を少し変えることでも回避することが可能です。オイルクレンジングは、メイク落ちは良い代わりに肌への刺激が強いため、肌に必要な皮脂まで落ちます。そのため、クレンジングは、メイクの濃さに応じて使い分けるようにします。毛穴の汚れや古い角質を確実に落とすことで、化粧水や美容液の浸透をたすけてくれます。
ホルモンバランスを整えることもニキビ予防に有効です。肌の抵抗力を上げるためには、ビタミン類や食物繊維を積極的に摂ることです。あわせて、しっかりと睡眠をとりストレスを溜めないことです。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。