女性の身体は出産時、赤ちゃんを外に送り出すために骨盤が大きく開きます。
この時、骨盤を閉じるための靭帯はかつてないほど伸びきります。
そのまま戻るのを自然にまかせていると、骨盤が開いた状態のまま固まってしまったり、位置がずれて歪んでしまったりします。
骨盤が開いたり歪んだりしているままだと、余分な肉がつきやすくなり体型が崩れてしまうのです。
しかし、しっかりケアをして骨盤を正しい状態に戻してあげることで、産前のような体形に戻ることができるのです。
もともと骨盤がずれていた人などは、これを機にきちんとした状態に整えましょう。
時間が経ちすぎると歪んだ状態から戻りにくくなってしまうので、産後6カ月あたりまでが勝負です。
骨盤を正常に戻すのにはいくつかの方法があります。
一番手軽なのが、骨盤ベルトやガードルなどのリフォームインナーを使うことです。
使い方や使う時期を誤ると逆に歪みを悪化させる危険があるので、使う際には助産師などの専門家に相談して使い方の指導をしてもらいましょう。
簡単にできるエクササイズを行うのも良いです。
ケアを怠るとその結果は数か月後の体型に出てきてしまいます。
きちんとケアを行い、産前よりも整った体型を目指しましょう。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。