穏やかで落ち着いた心を取り戻すには、幸せホルモンのセロトニンの分泌に秘密があります。
このセロトニンの分泌とヨガには深いつながりがあり、定期的に実践することで健康でキレイになります。
yogaで健康でキレイになる理由は、適度な運動と腹式呼吸によりセロトニンの分泌が促されるためです。セロトニン神経は、脳内神経の1つで、右脳と左脳が交わる脳の中心部にあり、セロトニンを分泌しています。セロトニンが不足すると過食や拒食、疲れやすい、不眠、便秘や下痢、冷え、風邪をひきやすくなるなどの症状があらわれます。また、やる気がでない、集中力がない、怒りっぽい、ストレスが溜まりやすいなどの精神的な症状としてもあらわれます。
セロトニンは、満ち足りた幸福を感じさせてくれるのですが、不足すると食べ過ぎるなどの過剰な行動も出てしまいます。さらに体幹部の筋肉に作用するため、姿勢をよくしたり、代謝を上げるなどの役割もあります。
セロトニンは運動機能に関係しており、物を噛む咀嚼、呼吸、歩行といった反復運動をスムーズに行なうために働くのです。分泌を促すにはゆっくりとリラックスできるyogaやリズミカルなウォーキングでも効果があり、ハードな運動はストレスを感じるためセロトニンを分泌するには不向きです。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。