自律神経とは脳の真ん中あたりにある間脳の視床下部というところにあり、人間の細胞をコントロールしている神経です。呼吸や血管の運動、食欲、睡眠、ホルモンバランスの調整などを行う機能があり、人間が生きていく上で大切な器官です。自律神経には交感神経は活動している時や緊張している状態で、副交感神経は寝ているときや、リラックスした状態で、通常は2つのバランスが均衡になっていることで、安定した日常生活を送ることができます。このバランスが崩れると自律神経が乱れるという状態になります。交感神経が優位にあると、常に心身が緊張した状態で反対の神経が追いついていかないことによって心身の不調を引き起こすというメカニズムとなっています。原因はさまざまで主に睡眠不足や運動不足や過労などといった肉体的ストレス、就職や昇進、プレッシャーといった精神的ストレスなどがあげられます。自律神経の乱れを整えるためには交感神経をリラックスモードにする方法をとっていくとよいのです。運動不足なら運動をするとよいですが仕事が忙しく時間が取れない方もいらっしゃることでしょう。移動はなるべく階段を使う、近くにお店のある人は歩いて買い物にいく、姿勢を正して少し早歩きで移動するといった普段の生活の中に取り入れると無理なく始めることができます。本やネットにも方法はありますが自分にあった方法を試してみてください。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。